売れる商品の見つけ方と関連キーワードから記事を書く方法

DSC01802

アフィリエイトで大事なのは、検索意図を理解すること。

キーワードごとに、どうしてその言葉で検索されているのか。

これをしっかり理解することが重要ですね。
 

あとは、売れる商品を見つけること。

これもすごく重要です。

売れない商品は、どれだけ頑張ってサイトを作っても意味がないですからね。

サイトが上位表示されて、アクセスがたくさん来ても売れない商品は売れませんから。

最初にしっかりと売れる商品を見つけることが重要です。

では、いったいどうやって売れる商品を探せばいいのか。
 

■売れる商品の探し方

売れる商品を探す方法はリアルで探す方法と、ネットで探す方法の2つあります。
 

・リアルで売れる商品を探す場合

リアルで探す場合は、テレビをチェックすることです。

テレビの影響力って凄いですからね。

テレビで紹介された商品はやっぱり反応が高いです。

テレビショッピングでやっている商品も売れやすいです。
 

インフォマーシャルをやっている商品も売れやすいです。

インフォマーシャルというのは、インフォメーションとコマーシャルをかけ合わせたものです。

15分とか30分くらいの長いCMありますよね。

最初ドラマかと思って見ていたら、実は商品を紹介するCMだった!みたいな。

美容とか健康関連の商品が多いですけどね。

これらの商品は売れやすいです。
 

あとは、今勢いのある芸能人とかタレントさん、モデルさんが愛用している商品。

これも売れやすいです。

芸能人の影響力も大きいですからね。
 

あとは雑誌です。

発行部数の多い有名な雑誌で紹介されている商品も基本的には売れやすいです。

普通に雑誌の広告で掲載されている商品は売れやすいですね。

それと、美容特集とかダイエット特集、アンチエイジング特集などで紹介されている商品も売れやすいです。
 

雑誌は売れる商品を探せるだけじゃありません。

美容とか健康とかダイエットに関する知識をインプットするのにも役立つんですよね。

だから、雑誌はこまめに読んでおくのをおすすめします。
 

それから、リアル店舗で売れる商品を見つける方法もあります。

ドラッグストアや家電量販店などに行くと、今売れている商品がすぐに分かります。

「今これ売れてます!」みたいに書かれているのをよく見かけますよね。

そこに答えが書かれているから分かりやすいんですよね。

買い物に行ったときは、常にアンテナを張ってリサーチしておくといいですね。

そしたら自然と、売れる商品が目に飛び込んでくるようになります。
 

・ネットで売れる商品を探す場合

ネットで売れる商品を探す方法は、楽天とかAmazonとかのランキングを見ることです。

ここを見れば、今何が売れているのかすぐに答えを見ることができます。
 

とくに楽天ランキングは、男性と女性それぞれの性別でのランキングが見れます。

年代に絞ったランキングも見ることができます。

リアルタイムとか、週間、月間でのランキングも見れます。

属性を絞ったランキングが知れるのが面白いですよね。

あとは、各ASPのランキングなども参考にするといいですね。
 

楽天ランキングを見ていると、今どんなジャンルが流行っているのかが見えてきます。

そのジャンルで攻めてみるのも面白いと思います。
 

実際に売れている商品が分かったら、気になる商品をピックアップします。

商品名に関する関連キーワードを調べて、記事を書く内容を決めていきます。
 

商品に関するリサーチは、実際に使った人の口コミとかが参考になります。

楽天だと口コミがたくさん掲載されているので、いろいろ見てみましょう。

どんな評価がされているのか?

どんな意見、感想が書かれているのか?

いろんな人の口コミを見ていくと、切り口が見つかってきます。
 

切り口が見つかったら、記事を書いていきます。

記事タイトルには、狙ったキーワードを入れること。

なおかつ、見た人がクリックしたくなるようなタイトルにすること。

これがすごく重要です。

あとは、キーワードに対する答えを分かりやすく書くこと。

 
これで、売れる商品で売れる記事コンテンツが完成します。

ぜひ、やってみてくださいね。
 

※人気ブログランキングに登録しています。
応援クリックよろしくお願いします。
↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

みんなのヒーローゆうき

みんなのヒーローゆうきアフィリエイター

みんなのヒーローゆうきです。
アフィリエイトで生計を立てています。
毎日自由気ままな生活をエンジョイ中です!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る