薬事法ってぶっちゃけどこまでルールを守ればいいんですか?

pixta_636130_S

年々厳しさを増している薬事法!

アフィリエイト業界においてもルールがかなり厳しくなってきていますよね。

数年前までは当たり前のように書いていた文言とかも、
今では薬事法に引っかかって使えなくなっています。

 
とくにサプリメントとかの健康食品ね。

「絶対に効果あります!」っていうのはもちろん言っちゃダメです。

効果あったという口コミがありましたっていうのもダメ。

ビフォー・アフターの写真もダメ。

 
あれもダメ、これもダメ!!

ダメダメ尽くしです・・・

 
それでね、僕のところにも薬事法に関するお問い合わせを
いくつか頂いています。

「この表現はどうですか?」とか、
「こんなときどう書けばいいですか?」みたいな。

 
でもね、薬事法に関するお問い合わせは
僕はお答えすることができません。

だって、僕が薬事法のルールを決めているわけじゃないですからね。

たとえ僕が「ここまでならOK」と言ったとしても、
薬事法のルールでダメだと決められていたらダメなんです。

 
それに、薬事法って年々ルールが変わりますからね。

今はOKだとしても、
来年になったらNGになっていることだってありえます。

 
そこで、じゃぁ僕は健康食品を取り扱う記事を書く時
どこまで薬事法を記にしているのか?ってことですよね。

 
僕はあまり細かいことは考えていません。

このくらいなら大丈夫じゃない?って感じで記事を書いています。

 
法律ってね、たくさんありすぎて分からないじゃないですか。

日本の法律を全部知っている人っていませんよね。

でも、ここまでならOKとか、
これはやっちゃまずいだろうっていうのはなんとなく分かりますよね。

それと同じ感覚ですかね。

 
あからさまにこれは言っちゃダメだろってことは書かない。

ここまでならいいんじゃないってことは書くようにしています。
 

それでもし、ASPや広告主さんから
修正依頼のメールが来たら修正するようにしています。

 
失敗を恐れないでガンガンチャレンジしていけばいいと思います。

やってみれば、それが良いか悪いかって分かりますから。
失敗しないと人って成長しないですし、成功もしないです。

たくさん失敗して、たくさん学んで、たくさん経験を積んでいきましょう!
 

※人気ブログランキングに登録しています。
応援クリックよろしくお願いします。
↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

みんなのヒーローゆうき

みんなのヒーローゆうきアフィリエイター

みんなのヒーローゆうきです。
アフィリエイトで生計を立てています。
毎日自由気ままな生活をエンジョイ中です!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る