サービス系案件でアフィリエイトサイトを作る場合の記事の書き方

Service

アフィリエイトには物販とサービス系があります。

物販というのは、何かの商品を売るものです。

たとえば青汁とか、酵素ドリンクとか、サプリメントとか。

 
それに対してサービス系というのは、
モノではなくてサービスを提供するものです。

キャッシングとか、脱毛サロンとか転職サイトとか。

申し込み系の案件ですね。

 
基本的にサービス系のほうが単価が高いです。

1件の成約で1万とか2万とか。

単価が高いということは、
ライバルも当然強いアフィリエイターが多いです。

 
なので、初心者とかまだあまり稼げていない人は、
サービス系を敬遠する人が多いです。

物販のほうが案件も多いし、
ニッチなキーワードもたくさんあるので
記事が書きやすいっていうイメージですよね。
 

■サービス系の記事の書き方

さて、そんな高額案件の
サービス系でアフィリエイトしようとした場合。

どうやって記事を書いていけばいいのか?

どうやって訴求すればいいのか?

ここで疑問に思う人もいるかと思います。

 
ぶっちゃけ言ってしまいますとね、
記事の書き方や訴求の仕方はどちらも基本的には同じです。
 

ゆうき式では、キーワードに対する答えを分かりやすく書く。

これを徹底してやっています。

 
最初にどんなキーワードで記事を書くのか決めますよね。

そのときに、ターゲットを妄想します。

そのキーワードで検索する人は何を知りたがっているのか?

 
これさえ分かってしまえば、もう記事は出来たも同然です!
あとは、その答えを調べて分かりやすく記事を書いてあげればOK。

たったこれだけのことなんですよね。

 
あまり難しく考える必要はありません。

やることってすごくシンプルです。

 
ライティングのスキルがどうこうよりも、
どれだけターゲットのことをしっかり理解できるか。

こっちのほうが大事です。

 
検索ユーザーの気持ちがちゃんと理解できれば、
その人に役立つ答えを提供すればいいだけなんですよ。

自分が知っている有益な知識を
仲のいい友達に教えてあげるような感じです。

親切心ってやつですね。

 
アフィリエイトは愛だッ!!
m9( ゚Д゚) ドーン
 

※人気ブログランキングに登録しています。
応援クリックよろしくお願いします。
↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

みんなのヒーローゆうき

みんなのヒーローゆうきアフィリエイター

みんなのヒーローゆうきです。
アフィリエイトで生計を立てています。
毎日自由気ままな生活をエンジョイ中です!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る