売れる営業マンと売れない営業マンの決定的な違いとは!?

Salary variation.

商品を売って歩く人、営業マン。

セールスマンとも呼ばれます。

 
同じ営業職でも、
売れる営業マンと売れない営業マンがいます。

いったい何が違うのでしょうか?

 
セールストークでしょうか?

いかに自社商品の素晴らしさをアピールできるかどうか?

 
いいえ、それはまったく関係ないことです。

それよりもっと大事なことがあります。

セールストークなんかうまくなくても、
これさえあれば商品はバンバン売れてしまうというもの。

 
何だかお分かりですか?
 

■売れない営業マンの特徴

売れない営業マンは、必死に自社商品のアピールをします。

買って買ってオーラがむき出し状態なんですね。

これではお客さんが身構えてしまいます。

余計に心を閉ざしてしまいます。

売れないのも当然ですね。

 

■売れる営業マンの特徴

それに対して、売れる営業マンは自社商品のアピールは一切しません。

買って買ってオーラがまったくないんですね。

それよりも、まずはお客さんのことを知ろうとします。

どんな人なのか、興味関心を知ろうとします。

そこで信頼関係を築くことから始めるんですね。

 

営業スキルで一番大事なのは、
お客さんとの信頼関係を築くことです。

これができていれば、商品って売れるんですよね。

 
信頼関係を築くために大事なのは、お客さんを知ること。

今現在どんなことをしているのか、どこを目標にしているのか、
どんな悩みを抱えているのか。

 
これを知った上で、ベストな提案をしてあげるんですね。

 
うちの商品はこんなものがあります。

これを使えば、
その悩みは解消されますがいかがでしょうか?

これを使えば、
今よりもっと効率化できますけどいかがでしょうか?

 
これが売れる営業マンがやっていることです。
 

これはアフィリエイトでも応用できます。

  • お客さんの悩み ⇒ キーワード
  • 提案 ⇒ ライティング

 
人って何かで悩んでいるときに、
いろんな言葉で検索しますよね。

「ポッコリお腹 解消」とか、「血糖値を下げる食べ物」とか。

 
これらのキーワードっていうのは、
ずばりお客さんの悩みですよね。

その悩みに対して、解決法を提案してあげればいいんです。

 
なぜそのキーワードで検索してくるのかを理解する。

それに対する明確な答えを分かりやすく書いてあげる。

これが信頼関係を築く行為になります。

 
あとは公式サイトへ誘導してあげればOK!

納得したお客さんは、
ワクワクしながら公式サイトへ飛んでくれます。

最終的なセールスは、
広告主さんの公式サイトでしっかりクロージングしてくれます。

 
これを理解しておけば、
成約率の高いアフィリエイトサイトが作れるようになります。
 

※人気ブログランキングに登録しています。
応援クリックよろしくお願いします。
↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

みんなのヒーローゆうき

みんなのヒーローゆうきアフィリエイター

みんなのヒーローゆうきです。
アフィリエイトで生計を立てています。
毎日自由気ままな生活をエンジョイ中です!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る