コピーライティングをサイトアフィリに応用せよ!

Artificial intelligence concept. Contains clipping path

ネットビジネスでは、
「コピーライティングが大事!!」と言われています。

コピーライティングというのは、
人間心理を活かしたライティングのことを言います。

言葉で人を行動させるテクニックです。

 
僕もネットビジネスを始めた頃から、
本を読んだりしてコピーライティングの勉強はしていました。

でもね、あまり自分とは関係ないものだと思ってたんですよね。

 
なんか、コピーライティングっていうと、
響きがカッコいいというか・・・

めっちゃ稼ぎまくっている一部の人のものって思ってたんですよ。

何億って稼ぎまくっている凄い人が使うもの。

自社商品を販売しているとか、
凄腕のマーケッターが利用するものって思ってました。

 
僕はとくにサイトアフィリをやるようになってからは、
なんか本当にまったく関係ないものだと思ってました。

コピーライティングなんて使うことはないだろう・・・

 
ところがね、これが大違いだったんですよ。

昨日の夜。

突然、僕の頭の中でスパークしたんです!!

スッコーーーーンって降ってきたんですよね。

 
コピーライティングをサイトアフィリで応用したら
めっちゃ凄いことになるぞ!!、と。

コピーライティングは、
主にダイレクトレスポンスマーケティングで使われています。

ダイレクトレスポンスマーケティングは、
自分に何かしらの興味関心を示した人に対して
アプローチして販売するセールステクニックです。

 
ダイレクトレスポンスマーケティングには3つの段階があります。

1.集客
2.教育
3.販売

この3ステップそれぞれにおいて
コピーライティングのテクニックを駆使していくんですね。

 
これをサイトアフィリに応用してみましょう。

サイトアフィリの場合の集客は、
主にSEOとリスティングに分けられます。

僕はリスティングは専門外なので、今回は除外します。

 
SEOでサイトを上位表示する場合、
需要があってライバルの少ないキーワードを見つけます。

そのキーワードに対してめっちゃ濃い、
有益な情報をコンテンツとして提供します。

そしたら上位表示されやすいサイトができます。

 
ここでコピーライティングを使います。

サイトタイトルをめちゃくちゃ真剣に考えるんです。

狙ったキーワードで検索する人が、
思わずクリックせずにはいられないようなタイトル。

 
これをやることで、サイトのクリック率が劇的に変わります。

アクセスが増えて、サイトの滞在時間も伸びていきます。

そしたらグーグルから評価されて、
ますます検索結果で上位に上がっていきます。

「商品名+◯◯」という複合ワードで上がっていたとしたら、
商標単体でも上位に食い込んでくるんですよ。

 
次に教育のステージです。

教育はサイトの中身ですね。

 
自分のサイトに訪問してきてくれた人に対して
コピーライティングを使って教育していきます。

ポジティブ思考とネガティブ思考を上手に取り入れて
記事を書いていきます。

商品のメリットをアピールして、
そこから得られる未来の姿を思い描かせる。

現状のままでは何も変わらないという
暗いネガティブな未来の姿を想像させる。

十分に不安を煽ったらば、
その不安を解消するための提案をする。

そのためにはこれが必要なんだよと思わせる。

 
次に販売ですが、
アフィリエイトでは最終的な販売はできません。

広告主の販売サイトへ誘導するところまでが仕事です。

このこのときに、ただ単にこんなのありますって
紹介するだけじゃ売れないですよね。

でも、めっちゃ欲しい状態にして誘導したらどうですか?

成約率はめっちゃ高くなりますよね。

 
このように、コピーライティングを
サイトアフィリに応用すると凄いことが起こります。

集客、教育、販売までの流れを
サイトアフィリに置き換えてみたらとても有意義な気づきがありました。

 
ネットビジネスで大事だと言われている
心理学を応用したコピーライティングのテクニック。

ダイレクトレスポンスマーケティングだけじゃなくて、
アフィリエイトでもバリバリ使えるテクニックだったんですね。
 

※人気ブログランキングに登録しています。
応援クリックよろしくお願いします。
↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

みんなのヒーローゆうき

みんなのヒーローゆうきアフィリエイター

みんなのヒーローゆうきです。
アフィリエイトで生計を立てています。
毎日自由気ままな生活をエンジョイ中です!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る