読み手の感情を刺激する記事の書き方

pixta_19169738_s

アフィリエイターが記事を書く理由は何か?
 

それは、アフィリエイトリンクを踏んでもらうこと。

そして販売ページで商品を購入してもらうこと。

つまり、読み手に行動してもらうことです!

 
とはいえ、人はなかなか行動しません。

文章を読んで行動するって、
よっぽどのことがない限りしませんよね。

行動するにはエネルギーが必要ですから。
 

読み手にアクションしてもらうには、
その人の感情を刺激する必要があるんです。

感情にもいろんな種類がありますが、
一番大事なのは共感を得ることです。

 
「あぁ、そうそう、分かる~」

「そうそう、そうなんだよね~」

こんな風に、過去に同じ体験したことがあるとか、
似たような経験があると共感してもらいやすいです。

 
読み手に共感を与えることによって、
購買意欲を刺激することが可能になります。

共感してもらえるような文章を書けるようになると、
成約率の高い記事を書けるようになるんです。

 
「商品名+◯◯」といった鉄板キーワードじゃなくても、
いろんな角度から攻めることができるようになります。

ずらしキーワードだったり、
悩み系のキーワードなんかにもピッタリハマります。

 
人が商品を欲しくなるときって、
仲のいい友達とか家族とか身内の人から
「これいいよ」って言われたときですよね。

普段から信頼ある人からおすすめされると、
つい自分も欲しくなってしまう。
 

そんな経験ありませんか?

これも共感の心理が働いているんです。

だから、記事を書くときも共感を意識して書くと
読み手の感情が刺激されやすくなります。

 
体験談とかだと、
自然に共感を得やすい文章が書けますからね。

ぜひチャレンジしてみてください。
 

※人気ブログランキングに登録しています。
応援クリックよろしくお願いします。
↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

みんなのヒーローゆうき

みんなのヒーローゆうきアフィリエイター

みんなのヒーローゆうきです。
アフィリエイトで生計を立てています。
毎日自由気ままな生活をエンジョイ中です!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る