最終的に生き残る優良サイトの作り方とは!?

検索ユーザー

アフィリエイトやってる人ってね、
みんなSEO対策が気になりますよね。

とくにサイトアフィリを中心にやってる人ね。

どうやってサイトを上位表示させようか?

これについてめっちゃ研究するじゃないですか。
 

いろんなノウハウも出回ってますよね。

サイトの構造とかキーワード出現率とか、
文章は何文字が良いとか、外部SEO対策とか、
リンクファームとか、相互リンクとか・・・
 

どうすればグーグル様に好かれるか。

グーグル様のご機嫌を取ることに必死ですよね。
 

確かにサイトを上位表示させるためには、
グーグルに好かれることは大事です。

SEO対策をしっかりやることも大事です。
 

でもさ、
あまりグーグルばかりに気を取られているとね、
肝心なことを忘れてしまいがちになります。

 

肝心なことって何か?

 
それは、訪問者目線です。

 
検索ユーザーのことを忘れてしまってはダメです。

むしろ検索ユーザーのためだけに
サイトを作ったほうがいいですよ。

 
検索ユーザーが知りたい情報を
的確に分かりやすく提供してあげる。

途中で退屈しないように、
最初から最後まで読みたくなるような文章を書く。

綺麗で見やすいサイトを心がける。

面白い要素を取り入れてみたり、
独自の切り口で攻めてみたり。
 

グーグルだけを意識してるとね、
どうしても機会的な文章になりがちなんですよね。

それだとやっぱり訪問者は退屈しますよね。

 
それよりもさ、
もっと人間味のあふれる記事のほうが
訪問者は惹きつけられますよね。

興味がそそられます。
 

見る人によっても違うかもしれませんが、
僕は味のある文章を書いているサイトのほうが好きです。

それぞれ独自の観点から
いろんな切り口で書かれた文章のほうが
ついつい読んでしまいます。
 

グーグルのアルゴリズムもね、
結局は検索ユーザーに好かれるサイトを
上位表示させようとしているわけですからね。

検索ユーザーに好かれるサイトを作れば、
結局はそれがグーグルに好かれることになるんですよ。
 

SEO対策とかキーワード出現率とか、
サイト構成とかを必死で追い求めるよりも、
訪問者に喜んでもらえるサイトを目指したほうがいいです。

最終的にそっちのほうが生き残りますから。

 
自分が言いたいことを書くんじゃなくてね、
検索ユーザーが求める情報を提供してあげる。

需要があるキーワードをピックアップして、
独自の観点から独自の切り口で書いてあげる。

 
インパクトの強い記事タイトルをつけて興味をひく。

文章はひたすら読みやすく、
ストレスを与えないように
次から次へと読み進めたくなる文章を書いてあげる。
 

グーグルがどうのこうのじゃなくて、
検索ユーザー目線でサイトを作っていきましょう。
 

※人気ブログランキングに登録しています。
応援クリックよろしくお願いします。
↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

みんなのヒーローゆうき

みんなのヒーローゆうきアフィリエイター

みんなのヒーローゆうきです。
アフィリエイトで生計を立てています。
毎日自由気ままな生活をエンジョイ中です!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. こんばんは。
    marumiと申します。
    独自の観点を持っている方の記事は印象に残るし
    また訪問したくなりますね。
    読み手の事を考えたサイト作りが大切ですよね。
    勉強になります。
    読ませて頂きありがとうございました。
    応援していきます。

    • みんなのヒーローゆうき

      コメントありがとうございます。
      読み手のことをしっかり考えたサイト作りを心がけていきたいですね。
      応援ありがとうございます♪

  2. なんだかんだ、読者の「タメになる」情報が一番ですよね。

    ちょっと初心に戻れました。

    応援して帰りますね。

    • みんなのヒーローゆうき

      コメントありがとうございます。

      読者さんや訪問者さんのためになる情報配信が一番ですね。

      いつでも初心忘るべからずですね♪

      応援ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る